FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住まいのプランニング

そろそろ本格的に梅雨らしくなりそうです

さて、あなたは今までに新聞のチラシなどで、建売住宅のプラン図面を見たことがありますか?

「自分の家族は、夫婦と小さな子供2人とおばあちゃんの5人だから、3LDKか4DKかな?」

なんてことを最初に考えて、見たことがあると思います。

その次に「総額何千万円ということは、土地の面積が何坪で坪単価がだいたい何十万だから

合計いくら。ということは建物は差し引きこれだけか?」なんてことを考えませんでしたか?

そしてこの金額なら、手持ち金がいくらあるから残りこれだけのローンが組めるかな?

でも、その時にあなたはそのプラン図面をよく検討しましたか?

あなたと、あなたの家族のライフスタイルに充分応えてくれる設計でしたか?

もちろんお金のことはとても大事な問題です。無視できません。

でもそれと同じくらい設計プランも大きな問題なんです。

単に部屋数と面積をクリアーすれば良いという事ではないのです。

建売住宅のプランの多くは、購入して住む人が誰なのかは関係なく計画しています。

言い替えれば、誰が住んでもほぼ及第点がもらえるだろうという計画なのです。

そしてそのプランで最も大事なことは、建築コストをいかに少なくして、

いかに高く売れるかという、住宅メーカーの絶対条件があるのです。

私(設計士)の考える住宅とは?

  1. 住む人(家族)のライフスタイルにあわせること

  2. 建築費(予算)を最大限に活かした住宅であること

  3. 施主が建築を楽しみ、大満足の暮らしができる住宅であること

  4. 施工会社も建築をたのしみ、そこそこ利益(適正価格)があり、施主に満足してもらうこと

  5. 設計士も建築を楽しみ、自分に納得のできる仕事をして、施主に満足してもらうこと

  6. 将来を見据えて建築をすること

ひょっとしてあなたは、自分の書斎や趣味の部屋が欲しいと思っていませんか?

今子供たちは小さいので、出来るだけオープンスペースで生活し、

将来は簡単な改造で、プライベートルームを確保したいと考えていませんか?

大好きな愛車が、いつもリビングから眺められればと・・・・

休みの日には朝から明るい浴室(半分露天風呂気分)でゆっくりしたいとか?

とにかく本が大好きで、たくさん持っているのですが、なかなか処分できなくて

倉庫のダンボールに詰め込んでいるのが現状です

いつでも大好きな本が手に取れるように、書棚を壁全体につくりたい

等々 本当はあなたの夢(希望)はいっぱいあるはずです

残念ながら多くの建売住宅では叶えられない夢(希望)だと思います

もしよろしければ私(設計士)に相談してみてください



紙谷誠建築設計室のホームページ
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。