FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思わぬ費用?

家を造ることは、誰にとっても大きな事業です。

多くの方は銀行でローンを組んだり、

何年もかかって貯蓄したお金を使ったり、

親子で費用を出し合ったり・・・・・

一戸建てにしても、マンンションにしても、

一般的にその建築費(購入費)は数千万円にもなります。

例えば「一戸建ての住宅」の建築費を、

ハウスメーカーや工務店で見積してもらう時に、

一坪(約3.3㎡)あたりの単価を基準にして、全体の床面積(坪又は㎡)を掛けることにより、

建築費の総額がでますよね。(土地の費用は別です)

例として、総床面積が30坪(約100㎡)の住宅を、一坪単価を70万円の価格を基準にすると、

総額2100万円となります。

でもここで「坪単価70万円」の中に、どれだけの工事内容が含まれているのか、

見積する施工会社によって違うことがあるのをご存知ですか?

多くは、「建築本体工事の基本プラン」として表記されるものが対象になるようです。

でも、工事に関して「営業担当者」

(純粋に営業マンであったり、設計士であったり、工務店の社長だったり)

と内容を詰めていくと、

「コンセントの数を増やしたい」「システムキッチンをもっと良いのにしたい」

「吹き抜けが欲しい」「クロスばかりではなく、違う素材にして欲しい」

「天然素材やムク材を使いたい」等など、

住宅雑誌などを見て、色々な知識を持っておられる皆さんは、

多くの希望を、ご自身の家で実現したいと考えています。

そうなると必然的に工事金額の「坪単価」が増えてきます。

総予算が膨らんでしまいます。

最初に聞いていた総額2100万円が2400万円になったりします。

予算に余裕があれば良いのですが、ギリギリで予算組をされている場合は、

その結果、床面積を少なくするか、希望の内容をあきらめて、

基本プランに近いもので決めてしまうことが多いようです。



夢に水を差すようで申し訳ありませんが、「本体工事費」の他にも必要な費用があります。

建築費の中に含まれていることもありますが、

「別途工事」と称して他の費用が発生することがあります。

例えば ①外構工事(塀やカーポート、植木など) ②空調設備(エアコンや床暖房など)

    ③カーテン、ブラインド ④造り付け家具 ⑤照明器具が別途のこともあります

    ⑥ハウスメーカーさんでは、外廻りの排水も別途ということも・・・・・

その他に家が新しくなれば、家具や電化製品も新しくしたいと考えるものです。



このように家を建てる際には、建築費にプラスαの予算を考える必要があります。

ギリギリの予算で「家を建てる」と、どこかで無理がでることになります。

せっかく家ができたのに、門や塀などを造らないままにしている所もありますね。



最後に報告事項ですが、建築中の「くの字ハウス」にステンドグラスが付きました。

豊中の「戸夢窓屋:とむそーや」さんの作品です

ステンドグラス

引っ越しまでもう少しです。

現在は外構工事が進んでいます。



 紙谷誠建築設計室の公式サイト

スポンサーサイト

あけましておめでとうございます

みなさん あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

昨年は「東日本大震災」とそれに伴う原発事故など、

大きな災害に見舞われ、日本にとって大変な年でした。

今年も引き続き、被災地を中心に、復興・復旧の年になります。

年末には人並みに友人と「忘年会」を開きましたが、

本音としては、「この年忘れてなるものか!」という気持ちでした。

こんな時こそ「日本人の底力」を世界に見せたいものですね。

と、言うものの。

年が変わってお正月を迎えてしまうと、

毎年のように、朝からぐうたらしている自分がそこにいました。

運動不足解消も兼ねて、愛犬「バグス」と散歩しています。

バグスの散歩

ちょっと足をのばして、昨年来から建築中の「N邸」改め

「くの字ハウス」の様子を見てきました。

昨年末に工事用足場が撤去されましたので、外観がよく分かるようになりました。

外観1

外観2

今月末に完成予定です。

この建物は敷地の形状に合わせて、

中央付近で「くの字」形に折れ曲がっています。

角度は117度です。

工務店さん「ラストスパート」お願いします。



紙谷誠建築設計室のホームページはこちらです
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。