FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11の1年後を迎えて

今日は一日中「東日本大震災」から1年の報道がテレビで流されていました。

1年前私もリアルタイムで、津波が街や田畑を飲み込んでいく映像を見ていました。

もちろん大阪にいる私は何もすることは出来ず、息をのむばかりでした。

津波被害1

この一年私に何ができたのか?何をしたのか?

何もできなかった・・・・・

正確に言うと、普段の仕事をして、家族や友人と変わらぬ生活を過ごしていました。

それだけでした。

でも普段の生活を、普通に送ることは、実はとても難しい事だと思います。


一年前に私が思ったこと。

本当は被災地に行って、少しでも役立つことをしたい。

ボランティアもそのひとつの方法かも?

でもこちらの仕事を放っておいて現地に行ってしまうと、

仲間や家族に迷惑をかけてしまう。


色々考えましたが、私が現地にいって出来ることは限られていて、

かえって足手まといになるだけでは・・・・

それなら私は大阪に居て、普通の生活を送り、仕事をして、

少しでも日本の経済に貢献して、関西から「日本は元気だ!」

「日本は必ず復興する!」と伝えられるようにしようと・・・・


建築士として出来ること・・・・

私も建築士のひとりとして、「被災建築物応急危険度判定士」に登録しており、

関西地域の近くで地震災害が起こった時、

大阪府から指示があれば、被災地に駆けつけて、

安全確保のための仕事をする義務を負っています。

その時は仕事を休んでも、社会の一員として、行動を起こさなければと考えています。


津波被害2

もうひとつ建築士としてしなければならないこと。

せめて私が携わる建物に対して、デザインや使い勝手が良く、

クライアントさんに満足してもらう建物を造ることだけではなく、

目に見えない部分であっても、

その建物の構造上の「安全」を確保し、

そこで生活や仕事を営む人々の「安全」に責任を負うこと。

ひとりの建築士として出来る、小さな約束。そして大きな責任。


この震災でお亡くなりになった多くの人々の魂に  ― 合掌 ―

死んでいった多くの動物たちに  ―  ―


 紙谷誠建築設計室の公式サイト
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。