FC2ブログ

住宅の設備について

今の住宅建築において、設備関係はとても重要なものになっています。

皆さんは「設備」と聞いて何を考えますか?

大きく分けると

①電気設備 ②ガス設備 ③衛生水道設備 ④住器設備 等です。


①電気設備

住宅には電気設備はかかせません。

「オール電化住宅」という言葉もあるくらいです。

コンセント・照明・電話・テレビ・インターホン

IHコンロ・電気温水器・インターネット・・・

②ガス設備

一時は「オール電化」に押され気味で

ガスそのものの需要が減ってきていましたが、

原子力発電所の関係で、節電が問われている昨今

その必要性が認められてきました。

ガスコンロ・追い焚き式給湯器・ガスクリーンヒター・・・・

③衛生水道設備

これもかかせません。

給水配管(飲料水を中心にした生活用水)

給湯配管(給湯器から風呂や洗面・キッチンにお湯を送ります)

雑排水配管(風呂・洗面・洗濯・キッチンで使った水を排水します)

汚水配管(トイレなどの汚水を流します)

衛生設備機器(便器・洗面器・カラン等)

④住器設備

最近もっとも進化してきた分野です。

システムキッチン・洗面ユニット・ユニットバス・・・・


現在の住宅では、建築費の総額に比較して

設備費の比重が相当増えてきています。

コンセントや照明の数、各種機器を選択する際のランク等で

金額が大きく変わるのもこの部分です


しかしながら、こういった機器を選ぶのも住宅建築の楽しみです。

私も多くのお客様と御一緒して、住宅機器の展示場に行きますが、

ほとんどのお客様がご家族連れで、一大イベントの様です。

展示場の風景


住宅設備について、設計士の私だけではなく、お客様も関心を持っておられるのは、

自然エネルギーや、エコロジー住宅についてです。

主に太陽光発電システムを設置するか、設置しないかの相談が増えています

太陽光パネル設置工事


設置するならば、設計段階で屋根の形状や材質を考える必要があります。

簡単に言うと、屋根の傾斜面を南側にした方が発電効率が大きいからです。

又、最近はガス等で給湯や床暖房をしながら発電をする、

「エネファーム」や「エコウィル」等も検討されます。

太陽光発電システムとの併用で「W発電」と言われます。

エネファーム設置例



特に大手の各エネルギー関連会社は「スマートハウス(賢い家)」と称して

「太陽光発電」+「燃料電池」+「蓄電池」を合わせて「3電池」を設置し

それらを総合的に管理するシステム

「HEMS(ホーム・エネルギー・マネージメント・システム)」

を将来の住宅の設備規格にしようと考えているくらいです。

00333-2.jpg

00334-2.jpg


ただし今挙げた設備は開発途上で、もう暫く様子をみる必要があります。

特に「蓄電池」はまだまだ値段が高く、高い割には性能がよくありません。


しかしながら、これらを全く無視できることでは無いようです。

既に皆さんがお支払になっている「電気代」には

電力会社が一般家庭(太陽光発電などによる余剰電力の売電)

などから購入する費用が含まれているのですから、

高い電気代を払って電気を購入するだけではなく、

自宅で電気を作って売ることも考える時期が来ているかも知れません。


そんなに利益は無いと思いますが、

「電気代の先払い」という感覚で、

「太陽光発電システム」の設置なども検討してはいかがでしょうか?


紙谷誠建築設計室の公式サイト
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード