FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11の1年後を迎えて

今日は一日中「東日本大震災」から1年の報道がテレビで流されていました。

1年前私もリアルタイムで、津波が街や田畑を飲み込んでいく映像を見ていました。

もちろん大阪にいる私は何もすることは出来ず、息をのむばかりでした。

津波被害1

この一年私に何ができたのか?何をしたのか?

何もできなかった・・・・・

正確に言うと、普段の仕事をして、家族や友人と変わらぬ生活を過ごしていました。

それだけでした。

でも普段の生活を、普通に送ることは、実はとても難しい事だと思います。


一年前に私が思ったこと。

本当は被災地に行って、少しでも役立つことをしたい。

ボランティアもそのひとつの方法かも?

でもこちらの仕事を放っておいて現地に行ってしまうと、

仲間や家族に迷惑をかけてしまう。


色々考えましたが、私が現地にいって出来ることは限られていて、

かえって足手まといになるだけでは・・・・

それなら私は大阪に居て、普通の生活を送り、仕事をして、

少しでも日本の経済に貢献して、関西から「日本は元気だ!」

「日本は必ず復興する!」と伝えられるようにしようと・・・・


建築士として出来ること・・・・

私も建築士のひとりとして、「被災建築物応急危険度判定士」に登録しており、

関西地域の近くで地震災害が起こった時、

大阪府から指示があれば、被災地に駆けつけて、

安全確保のための仕事をする義務を負っています。

その時は仕事を休んでも、社会の一員として、行動を起こさなければと考えています。


津波被害2

もうひとつ建築士としてしなければならないこと。

せめて私が携わる建物に対して、デザインや使い勝手が良く、

クライアントさんに満足してもらう建物を造ることだけではなく、

目に見えない部分であっても、

その建物の構造上の「安全」を確保し、

そこで生活や仕事を営む人々の「安全」に責任を負うこと。

ひとりの建築士として出来る、小さな約束。そして大きな責任。


この震災でお亡くなりになった多くの人々の魂に  ― 合掌 ―

死んでいった多くの動物たちに  ―  ―


 紙谷誠建築設計室の公式サイト

和室は必要?

最近の傾向なんですが、

クライアントと間取りの打合せをすると、

「LDKはできるだけ広くして欲しい。

あとは寝室と子供部屋で、どちらも洋室にしてください。」

と、言われます。

「和室は必要ないですか?」と聞くと、

「ベットを使うし、掃除もし易いから、板の間がいいです。

それに余分にもう一部屋作る予算も無いし・・・・・・・」

和室は本当に余分な部屋なんでしょうか?

床はタタミ、壁は左官のジュラク壁、天井は杉板。

床の間、仏間、押入、長押(なげし)、障子(しょうじ)、襖(フスマ)

柱や鴨居(かもい)、敷居(しきい)など白木の化粧材も使います。

もちろん新しいデザインを取り入れた「新和風」の和室もありますが、

大工さんや左官さんを中心に、長い年月をかけて培われた、

伝統工法が表現されているのも和室なんです。

最近は和室でも、バリアフリーが考えられていますので、

ローカとの境も段差を付けずに、タタミとフロアーを同じ高さにすることが多いのです。


ブログを書いていて思い出したのが、漫画の「サザエさん」たちが住んでいる家のことです。

波平さんは床の間の付いている座敷で書き物をしたり、カツオを叱ったりしていますし、

子供部屋もタタミが敷いてあり、布団を敷いて、枕元に翌日の服を置いて寝ています。

マスオさんとサザエさんの部屋も和室でした。

唯一台所のみが板の間でしたね。

付け加えると、庭も広く、平屋で、今ではとてもうらやましい限りです。


余談でしたが、とても深刻な事もあります。

先ほど伝統工法と言いましたが、

和室を作らない家が増えた今、その伝統工法を次の世代に伝える機会が減っており、

今では和室の仕事ができない大工さん?もいるのです。

近い将来和室は特別な部屋になってしまい、

私の家には和室があるんですと自慢げに話をする人がいるかもしれません。

和室


和室には多くの利用方法があるのをご存知ですか?

寝室・食堂・客間・書斎・居間など、そのほかに結婚式の結納品を飾ったり、

お雛様を飾ったり、親戚が来たら泊まってもらうことも。そのほかに法事ができたり・・・・・

和室はオールマイティなのです


「余分な部屋」、「贅沢な部屋」と思われるかたの気持ちもわかりますが、

もし少しでも可能性があれば、和室も部屋の仲間に入れてあげてください。


私は新築の家ができたら、クライアントさんより先に、

タタミの上に大の字になって寝そべって、天井板の木目を見上げるのが好きなんです。

これは設計士の役得ですね。


紙谷誠建築設計室の公式サイト

引っ越しのエピソード(その2)

引っ越しの数日前から、新しい家に運ぶものをダンボールに梱包していきます。

衣類などは大きめのダンボールに入れてもOKですが、

本や書類などは、まとめると結構な重さになるので、

梱包したものの、持ち上げられないなんてこともあります。

そこで、昔から持っているものをすべて新しい家に持っていくのかを、よく考えて下さい。

よく「1年間使わなかったものは不要なもの」と言われます。

引っ越しは、不要なものを処分する、いちばんの機会です。

この機会を逸すると、また何年も納戸の奥に眠ったままになりかねません。



長年住んでいた家からの引っ越しの場合、

古くからの「家具」や「電化製品」などを沢山お持ちだと思います。

新しい家に引っ越す時、それを持っていくか、新しいものに買い替えるか、

皆さん結構悩まれます。

物を大切にする気持ちは大事なことですし、

その中には皆さんの思い入れがある品物もあるでしょう。

私もクライアントさんから相談を受けることがありますが、

「家具」や「置物」などの中で、結構古くて壊れている場合など、

「新しい家には不釣り合いだな・・・」と思うこともありますが、

そのものの価値は、他人では解らないものです。

最後はあなたご自身で決めなければなりません。


コントロールパネル


            (上記写真の紹介)

        左上は「太陽光発電」の操作・表示用パネル

        その隣は「大阪ガス エネファーム」の操作パネル

        左下は「大阪ガス 床暖房」の操作パネル

        「非常にコンパクトにできています。」




ただし、「電化製品」に関しては、いくつかの基準があると考えます。

冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は、購入後何年経っているかで決めることがあります。

エアコンなども含まれるのですが、

昨今の「電力不足」「省エネルギー」「節電」などを考えると、

新しい製品は、同等の品物でも「消費電力」が圧倒的に少なくなっています。

もちろん新しい機能も多くなっています。

又、クライアントさんが、「テレビは最近安くなっているから、大型の液晶テレビに買い替えます。」

と、設計段階から決めている場合も増えています。

電気代のことを考えただけでも、もし予算が許されるのなら、

この機会に買い替えをお考えいただいたほうが良いかと思います。



「ダンボール」や「家具」「電化製品」には、それぞれ新しい家のどの部屋に運び入れるかを、

よく分かるように、書いておく必要があります。

なぜなら、引っ越し当日、あなたや家族の方が、荷物を運び入れたり、

家具や電化製品をセッティングすることは、まずありません。

当日は引っ越し屋さんが、慣れた手つきで、テキパキと作業します。

その時、どれをどこへ持っていくか、記入していなければ、

あなたはずっと玄関にいて、「これは1階のどこへ・・・、これは子供部屋へ・・・・、

これは・・・・解らないからテキトウに置いといて!」と軽いパニックに陥ることになりかねません。

スムーズに引っ越しをするためには、事前のダンドリが必要なんです。



引っ越し屋さんの作業が終了したとき、あなたには最終チェックをする必要があります。

大きな家具や、電化製品などは簡単に動かすことはできないので、

設置場所の確認をしてください。

たまに作業中知らないうちに、壁や床にキズがつくこともありますので、その確認もしてください。

引っ越し屋さんが帰ってから、キズを発見しても遅いのです。



引っ越し後数日してから新居に伺っても、

まだ荷物が入っているダンボールが積んだままになっていることがあります。

引っ越し当日は、ご主人は仕事を休んで主役を務めますが、

翌日からは普通にお仕事をされることが多いのです、

運び込まれたダンボールの中身をタンスに入れたり、

書棚に並べたりする作業は、奥様がひとりでされることが・・・

奥様もお仕事をされている場合は、仕事から帰った夜に片づけるか、

次の休日までそのままにしておくことも。



新居での理想の生活が始まるまでは、もう少し時間がかかるかも知れません。



プライベートリビング

       (上記写真の紹介)

       2階にご家族用のプライベートリビングを設けました。

       掘りこたつに座ったり、タタミに寝転んだり。

       ちなみにタタミの下には「床暖房」があり、温かいのです。

       正面のラックの上にはテレビが置かれます。


紙谷誠建築設計室の公式サイト

引っ越しのエピソード(その1)

待望の我が家が完成しました。

事前に監理設計士と工務店から、完成予定日を聞いて、

あなたは引っ越し業者を選び、引っ越し費用の見積もりを依頼します。

新築の家は全てが新しくて、引っ越しの際には床や壁にキズがつかないように、

いろんな場所を「養生」し、運び入れる家具などもカバーをつけて作業します。

そこまでしても狭いローカや階段などで「キズ」がつくこともありますが、

引っ越し業者さんは「保険」などにも入っている場合がほとんどで、

そこから修理費がでます。

それから新しい家の「電気」「ガス」「水道」「電話」などの手続きをします。

これは建築業者が手続きをすることもあります。

それと同時にそれまで住んでいた住宅の

「電気」「ガス」「水道」「電話」などの停止の手続きも必要です。

ここでひとつ注意!

最近は「電話・テレビ・インターネット」などをケーブルでする場合があります

「NTTひかり」「J-COM」「eo光」など

セットで申し込むと費用が安くなることもあります。

ただしここで問題が発生しました。

業者に申し込むと「工事まで約1か月かかります・・・」と平然と言うのです。

引っ越し予定日まで2週間なので、

引っ越し後約2週間、テレビも電話もインターネットも使えないことに・・・

電話は「携帯」でもいいけれど、テレビが見られないのは困る。

急遽、工務店にお願いして、仮設のアンテナとブースターを用意してもらいました。

階段

床柱



あなたは新しい家の住所を知っていますか?

元住んでいた家の建て替えの場合は、ほとんど前と同じ住所ですが、

以前と変わる場合もあります。

「住所」とは?

あなたの住んでいるところ(土地・家)にはそれぞれ番号があります。

「土地」には「地番」、「家」には「住居表示」

「地番」は「本籍」になることも多いです。

一般的に使われる「住所」とは「住居表示」のことです。

「地番」は土地に付けられている番号で、ほとんどはひとつの敷地に一つの番号ですが、

複数の場合もあります。

そして「住居表示」を決めるのは誰?決める方法は?

敷地は道路に接しています。

そして「住居表示」はその敷地に接する道路に付いているのです。

そのため道路に接する敷地が長い場合、その家の「玄関」や「門」の位置で、番号が決まります。

隣の家と続きの番号でないことも時々ありますが、その理由はそこからきています。

そしてその番号を決めるのは、「市役所」などの「市民課」にある「住居の附番」の係です。

住宅が完成する前には、早めに「住居表示の申請」をしてください。

その手続きは本人でも、家族でも、業者でもできます。

思わぬ費用?

家を造ることは、誰にとっても大きな事業です。

多くの方は銀行でローンを組んだり、

何年もかかって貯蓄したお金を使ったり、

親子で費用を出し合ったり・・・・・

一戸建てにしても、マンンションにしても、

一般的にその建築費(購入費)は数千万円にもなります。

例えば「一戸建ての住宅」の建築費を、

ハウスメーカーや工務店で見積してもらう時に、

一坪(約3.3㎡)あたりの単価を基準にして、全体の床面積(坪又は㎡)を掛けることにより、

建築費の総額がでますよね。(土地の費用は別です)

例として、総床面積が30坪(約100㎡)の住宅を、一坪単価を70万円の価格を基準にすると、

総額2100万円となります。

でもここで「坪単価70万円」の中に、どれだけの工事内容が含まれているのか、

見積する施工会社によって違うことがあるのをご存知ですか?

多くは、「建築本体工事の基本プラン」として表記されるものが対象になるようです。

でも、工事に関して「営業担当者」

(純粋に営業マンであったり、設計士であったり、工務店の社長だったり)

と内容を詰めていくと、

「コンセントの数を増やしたい」「システムキッチンをもっと良いのにしたい」

「吹き抜けが欲しい」「クロスばかりではなく、違う素材にして欲しい」

「天然素材やムク材を使いたい」等など、

住宅雑誌などを見て、色々な知識を持っておられる皆さんは、

多くの希望を、ご自身の家で実現したいと考えています。

そうなると必然的に工事金額の「坪単価」が増えてきます。

総予算が膨らんでしまいます。

最初に聞いていた総額2100万円が2400万円になったりします。

予算に余裕があれば良いのですが、ギリギリで予算組をされている場合は、

その結果、床面積を少なくするか、希望の内容をあきらめて、

基本プランに近いもので決めてしまうことが多いようです。



夢に水を差すようで申し訳ありませんが、「本体工事費」の他にも必要な費用があります。

建築費の中に含まれていることもありますが、

「別途工事」と称して他の費用が発生することがあります。

例えば ①外構工事(塀やカーポート、植木など) ②空調設備(エアコンや床暖房など)

    ③カーテン、ブラインド ④造り付け家具 ⑤照明器具が別途のこともあります

    ⑥ハウスメーカーさんでは、外廻りの排水も別途ということも・・・・・

その他に家が新しくなれば、家具や電化製品も新しくしたいと考えるものです。



このように家を建てる際には、建築費にプラスαの予算を考える必要があります。

ギリギリの予算で「家を建てる」と、どこかで無理がでることになります。

せっかく家ができたのに、門や塀などを造らないままにしている所もありますね。



最後に報告事項ですが、建築中の「くの字ハウス」にステンドグラスが付きました。

豊中の「戸夢窓屋:とむそーや」さんの作品です

ステンドグラス

引っ越しまでもう少しです。

現在は外構工事が進んでいます。



 紙谷誠建築設計室の公式サイト

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。